―Free映画でGO! 最新・更新記事―

―動画配信サービス選びに迷ったら…―

―ジャンル―

―コメント―

―ブログランキング―

海を駆ける (2018)


見放題chライト2
海を駆ける (2018)

全ての生命を産み出す「海」
       全ての命を奪う「海」
      彼は「海」から現れた――


題名:海を駆ける
ジャンル:ドラマファンタジー
作品時間:107分
製作年:2018年
製作国:日本/フランス/インドネシア
映倫:G

[IMDb] 評価:6.2/10
[Rotten Tomatoes] 評価:― METER:― SCORE:―
[Yahoo!] 評価:2.97/5
[映画.com] 評価:3.1/5
[Movie Walker] 評価:3.0/5

監督:深田晃司
出演・声の出演:ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由 他

2018年5月26日公開の映画:海を駆ける

解説:『淵に立つ』などの深田晃司監督と『結婚』などのディーン・フジオカが組み、インドネシアを舞台につづるファンタジードラマ。2004年の地震による大津波で大きな被害を受けたスマトラ島でロケを行い、海からやって来た不思議な男が起こす奇跡を描く。『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などの太賀や『2つ目の窓』などの阿部純子、『恋する彼女、西へ。』などの鶴田真由らが共演。

ストーリー:インドネシア、スマトラ島北端に位置するバンダ・アチェの海岸で男(ディーン・フジオカ)がひとり倒れている……。日本からアチェに移住し、NPO法人で地震災害復興支援の仕事をしている貴子(鶴田真由)は、息子・タカシ(太賀)と暮していた。タカシの同級生クリス(アディパティ・ドルケン)、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)が、貴子の家で取材をしている最中、日本人らしき男が海岸で発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコ(阿部純子)の出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に向かう。記憶喪失ではないかと診断された男は、しばらく貴子の家で預かることになり、海で発見されたことからインドネシア語で“海”を意味する“ラウ”と名付けられる。だが彼に関する確かな手掛かりはなく、貴子と共にタカシやクリス、イルマ、サチコもラウの身元捜しを手伝うことに。片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。そんななか、彼の周りで不可思議な現象と奇跡が起こり始めるのだった……。

海を駆けるオフィシャルサイト
http://umikake.jp/

海を駆ける楽天市場で検索






海を駆けるをDMM.comで検索


海を駆ける

【9tsu】 【clipwatching】 【clipwatching】 【novipnoad】 【vidoza】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【ドラマ映画ランキング】 【動画ランキング】 【toremaga】 【PVランキング】
※vidoza:『Video embed restricted for this domain』というメッセージが表示された場合、【vidoza】を右クリックし、『シークレット ウィンドウで開く(G)』をクリック

※動画配信サービス選びに迷っている方、又は観たい映画やドラマ・アニメが
・リンク切れになっている。
・ダウンロードしたい。  
・高画質で鑑賞したい。  
・最新作が鑑賞したい。  

という方は、是非こちらの姉妹サイト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆☆☆ Movieファン ☆☆☆
動画配信サービスをいろいろな内容で比較

をご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト



CD通販

DVD通販
ドラマファンタジー

最新・更新記事サムネイル

>