―Free映画でGO! 最新・更新記事―

―動画配信サービス選びに迷ったら…―

―ジャンル―

―コメント―

―ブログランキング―

季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲 (1988)


見放題chライト2
季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲 (1988)

季節はずれの海岸物語シリーズの第2作目

題名:季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲
ジャンル:ロマンスコメディドラマ
作品時間:90分
製作年:1988年
製作国:日本

監督:多田羅敬二
キャスト:圭介:片岡鶴太郎、夏海:美保純、徳子:可愛かずみ、春文:田代まさし、サブ:寺門ジモン、純一:坂上忍、恵:橘玖海子、由紀:藤沢まりの、智美:姫野真利亜、賢一:斉藤竜二 他

1988年8月20日放映のドラマ:季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲

解説:片岡鶴太郎扮する海岸沿いの喫茶店「QUE」(キュー)のマスター・圭介、店を手伝う女友達の徳子、隣に住む理恵の3人の恋物語を中心に展開され、少し苦味のある大人の恋が描かれる。圭介の恋の相手として毎回異なるマドンナが出演(下記参照)している。田代まさしが不祥事を起こして以降は一度も再放送が行われていない。また、メインキャストであった可愛かずみと古尾谷雅人は本作終了から数年後に自殺し、山本陽一は大病を患い芸能界を引退した。これらの事情から本作はソフト化が行われておらず、封印作品の一つとなっている。
全14作品のうち、この回のみ、「季節はずれの」ではなく、「季節のなかの」になっている。オープニングでも、「季節はずれの海岸物語」の「はずれの」に×がつき、「のなかの」に変更される。今回よりダチョウ倶楽部の寺門ジモンが圭介(片岡鶴太郎)が経営する喫茶店「QUE」のアルバイト役として数回登場する。今回もトークコーナーが設けられていて、可愛かずみの親友の川上麻衣子がゲスト、出演者の片岡鶴太郎、田代まさし、藤沢まりの、姫野真利亜、橘玖海子も参加していた。また、NG集も併せて放映された。
今回のマドンナは夏海役の美保純です。

季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲 (1988)

ストーリー:圭介(片岡鶴太郎)は買い物に出かけショッピングセンターの公衆電話で夏海(美保純)と荷物を間違えてしまう。圭介が徳子(可愛かずみ)ちゃんに結婚祝いのワイングラスを渡すが、そこにはブラジャーが入っていた。春文(田代まさし)は徳子ちゃんと婚姻届を出そうとするが、サブ(寺門ジモン)を誘ってナンパする。たまたま夏海の運転する車の故障に遭遇する圭介だったが、エンジンを見ていた圭介の手が汚れハンカチを借りる。春文とサブがサブのところに女の子を連れ込んでいると察知した徳子ちゃんは、サブのところへ行き浮気の現場を目撃する。徳子ちゃんは婚姻届を紙ヒコーキにして海へ飛ばしてしまう。徳子ちゃんは駅で同級生の純一(坂上忍)と久しぶりに再会し圭介のところにやってくる。圭介は夏海と一緒に鎌倉の長谷寺へ行き近くのコインフォトで写真を撮る。夏海から電話があり彼から「戻って来てほしい」という内容だった。圭介は「サヨナラが言えないんだったら戻るべきだ」と夏海に言う……。

関連作品
第1作 季節はずれの海岸物語 涙のSeaside Cafe Terrace (1988)
第2作 季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲 (1988)
第3作 季節はずれの海岸物語 砂浜のDESTINY (1989)
第4作 季節はずれの海岸物語 '89夏 Good by そして Good Luck (1989)
第5作 季節はずれの海岸物語 '90冬 Sweet Christmas Again (1990)
第6作 季節はずれの海岸物語 1990 暑かった夏 あの夏のDestiny (1990)
第7作 季節はずれの海岸物語 '91冬 想い出は美しすぎて (1991)
第8作 季節はずれの海岸物語 '91秋 フィルムのなかの想い出 (1991)
第9作 季節はずれの海岸物語 '92冬 恋は夢の彼方に (1992)
第10作 季節はずれの海岸物語 '92秋 通りすぎた夏 (1992)
第11作 季節はずれの海岸物語 '93冬 ひとりぼっちの波 (1993)
第12作 季節はずれの海岸物語 '93秋 愛に微笑みたくて (1993)
第13作 季節はずれの海岸物語 X'masスペシャル (1993)
第14作 季節はずれの海岸物語 涙の最終回スペシャル ~いつも海があった~ (1994)

季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲 (1988)

マドンナ
第1作 真澄:石野真子
第2作 夏海:美保純
第3作 真由美:斉藤慶子
第4作 麗子:鈴木保奈美
第5作 明子:樋口可南子
第6作 久美子:森尾由美
第7作 未散:つみきみほ
第8作 かおり:南野陽子
第9作 友美:石田ゆり子
第10作 優香子:松田聖子
第11作 祥子:麻生祐未
第12作 ゆかり:西田ひかる
第13作 里美:財前直見
第14作 徳子:可愛かずみ、優香子:松田聖子

主題歌:DESTINY/松任谷由実
劇中歌:悲しい気持ち(Just man in love)/桑田佳祐
C調言葉に御用心/サザンオールスターズ
いなせなロコモーション/サザンオールスターズ
女呼んでブギ/サザンオールスターズ
ルージュの伝言/荒井由実
シンデレラ・エクスプレス/松任谷由実
匂艶 THE NIGHT CLUB/サザンオールスターズ
私はピアノ/サザンオールスターズ
晩夏(ひとりの季節)/荒井由実
何もきかないで/荒井由実
パジャマにレインコート/松任谷由実
旅姿六人衆/サザンオールスターズ
卒業写真/荒井由実
MY FOREPLAY MUSIC/サザンオールスターズ
守ってあげたい/松任谷由実
栞のテーマ/サザンオールスターズ
Oh! クラウディア/サザンオールスターズ
メロディ(Melody)/サザンオールスターズ
気分しだいで責めないで/サザンオールスターズ
悲しいほどお天気(The Gallery in My Heart)/松任谷由実
Ya Ya(あの時代を忘れない)/サザンオールスターズ
夏をあきらめて/サザンオールスターズ
いとしのエリー/サザンオールスターズ 他

季節はずれの海岸物語 MUSIC楽天市場で検索







季節はずれの海岸物語 MUSICをDMM.comで検索



季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲

【Dailymotion 1/2】 【Dailymotion 2/2】 【Dailymotion NG集】 【人気ブログランキング】 【FC2 Blog Ranking】 【ドラマ映画ランキング】 【動画ランキング】 【toremaga】 【PVランキング】

※動画配信サービス選びに迷っている方、又は観たい映画やドラマ・アニメが
・リンク切れになっている。
・ダウンロードしたい。  
・高画質で鑑賞したい。  
・最新作が鑑賞したい。  

という方は、是非こちらの姉妹サイト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆☆☆ Movieファン ☆☆☆
動画配信サービスをいろいろな内容で比較

をご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト



CD通販

DVD通販
ロマンスコメディドラマ

Comment

Add your comment


最新・更新記事サムネイル

>